Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://enohito.blog2.fc2.com/tb.php/151-4042a8f1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

兄者の医療News 見た方の反応 2004年No.1

こっちに移ってきて、まだ一度も書いてはいないんだが
しぺぺぺぺ社長の所のバックナンバーにあるうちで
見に来た方の一番反応があったもののNo.1です
発表は弟者に任せた
           ∧_∧
    ∧_∧   (´<_` )   では、発表しますと仰々しく言うことでもないので
    ( ´_ゝ`)  /   ⌒i   「英国発ヒジキの発がんリスク、どこまでホント?」
   /   \      |  |   です。
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |   イギリスで発表されたひじきのヒ素高含有の問題で
__(__ニつ/  FMV  /.|  |____ 俺らの結論としても採用させてもらった記事です。
    \/____/ (u ⊃

以下続きにその記事をBackNumberから持ってきたのでどうぞ
----------------------

英国発ヒジキの発がんリスク、どこまでホント?

 今年5月の日本食品衛生学会講演要旨によると、市販の干しヒジキには、有機ヒ素の一種であるアルセノシュガーや無機ヒ素の一種であるヒ酸が含まれており、ヒ酸が全ヒ素量の約50%を占めているとされている。大島さんらは、干しヒジキ5gを20倍量の水に室温で30分間浸してから、その水を分析したところ、ヒジキに含まれるすべてのヒ素の30~50%が水に溶け出しており、その約90%がヒ酸だったという。つまり、ヒジキを料理するときのごく一般的な手順によって、無機ヒ素の少ない、安心できる「おかず」に変わっているのだ。



英国発ひじきの発がん性の話 完結編?
日本で一般的なひじきを水に戻して調理する方法における
ヒ素の量をきちんと測定して発表したものを元にして
今回のひじき騒動を解説したマスコミ記事は多分これだけ。

           ∧_∧
    ∧_∧   (´<_` )   とりあえず、普通にひじきを調理をする上ではさほど
    ( ´_ゝ`)  /   ⌒i   問題にすることでもないと考えていいんじゃないかな?
   /   \      |  |   ただ、この記事の最後にある水抜きしない手抜き調理
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |   さえしなければの話だけれども。
__(__ニつ/  FMV  /.|  |____
    \/____/ (u ⊃

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://enohito.blog2.fc2.com/tb.php/151-4042a8f1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー&月別アーカイブ

プロフィール

(=゚ω゚)ノ:えの人

  • Author:(=゚ω゚)ノ:えの人
  • 愛馬のジョーバに揺られつつどうぶつの森をやる今日この頃…

ブログ内検索

BlogPeopleSerch

BlogPeople検索

BlogPeople検索

by BlogPeople

Web拍手



画像は鳥籠さんの画像を使用しています。

最近の記事+コメント

カテゴリー

リンクリスト

UNION

ハルヒ(マテ


20041225223455.png
20041225223948.jpg
20041225225055.gif
いらすてっど by 瑞萌堂さん



トラックバック24時間宣言 by MORAHAZA*BLOG
ただし、トラックバックポリシーに従って削除することがあります。

Download Opera

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。